失敗のリスク

撮影・調査力がなければ、調査失敗のリスクが高まります。
機材に力を入れておらず、「ごく一般的な機材でも、最近は性能がいいから。」などと説明をするところは、信頼性に欠けると考えた方がよさそうです。

確かに、近年の一般家庭向け機材のクオリティの進歩には目を見張るものがあります。
ですがやはりプロ用機材や特殊な専門機材に比べれば、撮影に適した距離やシーンが限定されています。

興信所が行う調査は、対象にバレずに、鮮明な証拠能力を撮影することが求められます。
一般の機材では発覚のリスクの高くなるような、接近しての撮影を余儀なくされる場合があったり、無理な遠距離からの撮影で鮮明な証拠の取得ができなくなる恐れがあります。

もちろん、一般向け機材が適した状況はありますが、無理に証拠取得を狙い、調査を行っていることがばれてしまえば、すぐにもう一度調査を。と言うわけにはいかないものもあります。
下手をすれば、二度と調査を行うことができなくなってしまう恐れがあります。機材能力が低い興信所は調査が対象に発覚してしまうといった、最悪のリスクがあることは念頭に入れておきましょう。

Copyright© 2015 興信所の撮影・調査力を知る All Rights Reserved.