撮影機材の性能を知る

興信所の調査力を目で見て、または肌で感じることが出来るものとして、調査で使う撮影機材の性能があります。
全ての興信所では、必ず調査で複数の撮影機材を持ち歩くことになります。これは証拠を撮影するタイミングが何時何処であるかわからない、すぐに対応することが出来る状態で調査をするためです。

しかし、全ての興信所が撮影機材を持ってはいますが、その機材の性能には違いがあります。
例えば、浮気調査をおこなっていた場合、撮影されることが多いシチュエーションは夜の薄暗い街の中です。そして撮るのは調査対象者が浮気相手とホテルに入った瞬間と、出てくる瞬間です。
このふたつは浮気の実態を証明する証拠として撮影されることが多いのですが、夜は普通のカメラでは鮮明な写真または動画を撮影することはとても難しいことです。

そこで、暗視装置が付いたカメラを持って撮影に望むのですが、最近では市販されているデジタルカメラにも標準仕様としてある程度の暗視機能が備わっています。
もしも、このような市販されているカメラの暗視機能をそのまま調査に使用している興信所が「性能には自信があります」と言っていたら、その言葉は信じてはいけません

何故なら、それらの暗視機能とは暗視撮影が出来る最低限の機能です。プロのカメラマンなどが使う暗視機能とは比べることが出来ないぐらい、性能が低いものなのです。
業務用の暗視機能を備えた機材を持ち、かつその機能を十分に発揮させることが出来る技量をもった調査員がいて、初めて自信を持って機能を紹介することが出来るのだと思います。
調査機材の説明時には、こらの機材の用途、さらにはその機材が撮影することが出来る限界値をしっかりと把握する必要があるのです。

Copyright© 2015 興信所の撮影・調査力を知る All Rights Reserved.